体験レッスン随時受付中!

📩体験レッスンのお申し込み📩

そのほか、ご質問などがございましたら、📩こちらからどうぞ📩


体験レッスンについて〇 〇レッスンについて〇 〇レッスンの流れ〇 

コースのご案内〇 〇月謝〇 〇よくある質問〇 


Groundhog Day

明日の2月3日は日本では節分ですね。

豆まきをして、鬼を追い払います。

アメリカとカナダでは、前日の2月2日に春の訪れを占うイベントがあるそうです。

その日は、"Groundhog Day"と呼ばれています。

グラウンドホッグデー(英:Groundhog Day/ Groundhog's Day)とは、アメリカ合衆国及び
カナダにおいて2月2日に催される、ジリスの一種グラウンドホッグ(ウッドチャック)を使った春の訪れを予想する天気占いの行事。 アメリカ・ペンシルベニア州パンクサトーニーのフィル、カナダ・オンタリオ州ワイアートンのウィリーをはじめ、北米数か所のグラウンドホッグの予想がテレビや新聞で報道される。 歴史と由来 グラウンドホッグデーは、古代ヨーロッパとキリスト教の風習、祝日の混じったものが、移民によってヨーロッパからアメリカ大陸に伝えられて、できあがった風習である。ハリネズミを対象にしたドイツの同様の俗信が直接の起源とされる。 古代ヨーロッパの俗信と信仰 冬眠していた動物(クマ・ハリネズミなど)が早く目覚めすぎると、自分の影を見て驚き、ふたたび巣穴に戻ってしまうとされた ケルト人は冬至と春分の中間日を2月2日とし、火と豊穣の女神ブリギッドの祭(インボルグ行われた(この場合6週間後はだいたい春分にあたる) キリスト教 2月2日を聖燭祭(キャンドルマス, Lichtmess)、聖母マリアのお清めの日(Mariae Reinigung)とした キャンドルマスの天気と春の訪れに関するイギリスの詩(グラウンドホッグデーの起源としてよく引用される。似たような詩はドイツ語でも存在する)As the light grows longer The cold grows stronger If Candlemas be fair and bright (キャンドルマスが明るく晴れていればWinter will have another flight (冬はまだしばらく続くだろう) If Candlemas be cloud and rain (キャンドルマスが曇っていて雨ならば)Winter will be gone and not come again (冬は去り、戻ってこないだろう)A farmer should on Candlemas day Have half his corn and half his hay On Candlemas day if thorns hang a drop You can be sure of a good pea crop グラウンドホッグデーの風習は、19世紀のアメリカのドイツ系移民の間で始まった。グラウンドホッグ(groundhog)は、冬眠をする似たような哺乳類として、ハリネズミ(hedgehog、アメリカには生息しない)の代わりに選ばれたと考えられる。ペンシルベニア州バークス郡歴会には、キャンドルマスとグラウンドホッグとヨーロッパの言い伝えについて書かれた、商店経営者の1841年2月4日付けの日記が残っている。現在のようなパンクサトーニーのグラウンドホッグデーは、1887年に、地元新聞編集者の発案で行われ始めた。 (Wikipediaより参照)

動物が春の訪れを占うなんて、面白いですね。

こんなかわいらしい動物なんですね。

春の訪れが待ち遠しいのは、どこの国でも同じですね。

体験レッスン受付中です!

一緒に英語で遊んでみませんか?

越谷市花田で子供に【英語耳】を育てるならkiko's english playroom

一緒に【英語耳】を育てませんか? 埼玉県越谷市花田で英語教室をしています。 少人数で幼稚園生から中学生までを 対象にしています。 個別指導も承っています。 アットホームな雰囲気の中で 一緒に英語と仲良くなりましょう! 英語って、難しいな。。 何言ってるかわからないしな。。 そんなお子様に、一緒に英語って本当は楽しいんだ! と思っていただける教室つくりを目指しています!

0コメント

  • 1000 / 1000